『日本の戦略外交』

「正念場の安倍外交」に渾身の訴え

2017年4月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

本書は、吉田茂と岸信介の系譜から説き起こしながら、冷戦後の日本外交を「戦略的リアリズム」や「戦略外交」という観点から分析する試みである。とりわけ、「戦略的猶予期間」としての1990年代と比較しつつ、安倍晋三政権の外交を縦横に論じている。「戦略」や「戦略的」の定義は、論者によって実に多様である。おそらく、戦略概念の比較論だけで、いくつもの博士論文が書けるであろう。本書では、著者は骨太に戦略的空間と戦略的時間軸を描き出し、両者を結びつけて活用できる指導者の胆力について語ろうとしている。先述のように、1990年代は、冷戦後の国際環境に対応し、新たな秩序を構築し、戦略を編み出す「猶予期間」のはずであった。しかし、国内的な混乱もあって、日本はこれを活用できないまま、2001年9月11日の同時多発テロ以降の激動に突入していった。やがて、第一次安倍政権では、麻生太 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。