『平成金融史』

動乱30年「裏付け」に矜持と自負

2019年6月号 連載 [BOOK Review]

  • はてなブックマークに追加

今でこそ、TBSホールディングス業務監査室長に収まっているが、西野智彦は元来、記録者である。時事通信社経済部からTBSに転じ、報道記者として、『検証 経済迷走 なぜ危機が続くのか』(2001年)や、『検証 経済暗雲 なぜ先送りするのか』(2003年、いずれも岩波書店)など金融動乱時代のノンフィクションを残してきた。制作プロデューサーでもあった彼の手法は、財務省高官や政治家などに深く食い込むことによって、官庁の内部文書やメモ、当事者の手帳、日記などを得、そこにインタビューを組み合わせて迫真のドキュメントにつなぐ独特のもので、その分だけスタンスは官僚寄りの印象だが、事実に忠実だから、官界以外でも評価が高かった。『平成金融史』は16年ぶりの著書である。これまでTBS報道局長や総務局長の要職にあって執筆の時間も取れなかったのだろう。彼自身は、「三十年余に及ぶ拙い金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。