王岐山一族の「醜聞」暴露した逃亡スパイ

海外に潜伏した郭文貴を骨までしゃぶろうとする公安。捨て身の糾弾は党内抗争か「草根」の復讐か。

2017年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

中国の諜報機関、国家安全省のエージェントだった一人の政商が、中国共産党を震撼させている。その人物の名は郭(グオ)文貴(グイ)。中国の投資会社「北京盤古氏投資」および「北京政泉控股」の実質オーナーで、現在は米国に逃亡中の身だ。郭は2015年1月に汚職容疑で失脚した国家安全省次官の馬建の指令を受け、共産党指導者や親族による海外蓄財や情事などのスキャンダル情報を収集していた。その一方、馬の権威をバックに強引なビジネスを展開し、北京オリンピック関連の不動産開発利権で巨万の富を築いたとされる。共産党の汚職捜査機関である中央紀律検査委員会(中紀委)が馬を拘束した時、郭は既に危険を察知して海外に逃れていた。噂によれば、郭は馬が託した大量の国家機密を握っており、中国当局が水面下で米国に身柄引き渡しを求めているという。そんな“お尋ね者”がネット上に顔出しで堂々 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。