貪欲の塊「スルガ銀行」

金融庁は「持続可能な成功モデル」と持て囃すが、一皮めくれば消費者金融と見まごうヌエ的な地銀ではないか。

2017年6月号 BUSINESS [バカ売れ「パーソナルローン」]

  • はてなブックマークに追加

首都圏でバカ売れしている個人ローンがある。スルガ銀行の医者、弁護士などのキャッシュリッチ層向けの「有担保パーソナルローン」である。資金使途は相続税対策を含めた投資用不動産購入資金、セカンドハウスの購入資金。その平均貸出金利は4.1%。これに無担保のカードローンなどを含めた個人ローン(同行ではパーソナルローンと総称している)の平均貸出金利は5.9%と高く、総額は8千億円を超える。金利×残高が利息収入となるので、当然のことながら銀行の収益に大きく貢献している。この有担保パーソナルローンの審査は住宅ローンや企業向け融資とは全く異なり、行内での審査処理が早く、すぐに結果がでる。投資用不動産は業者間の物件の手離れが早く、素早く決断しないとすぐにほかに流れてしまう。したがって購入者側の資金調達にはスピードが求められる。相続対策にせよ、余裕資金の運用にせよ、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。