老施協「子分理事」見せしめ一掃

中村博彦元参議院議員が造り上げた王国の手下を一斉放逐。診療・介護報酬削減の前兆だ。

2017年6月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「ヒロヒコの亡霊が出たな」西日本で20年以上特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人幹部はこうつぶやいた。「不適正『飲食』、銀座で『会議』3300万円」。4月20日、毎日新聞のスクープは老人福祉業界をどよめかせた。全国の特別養護老人ホーム(特養)など1万5千施設が加盟する公益社団法人「全国老人福祉施設協議会」(老施協)の役員らが、銀座の飲食店での飲み代を「会議費」として会計処理するなど不適正な支出を繰り返し、内閣府の公益認定等委員会から「不適正」と指摘を受けた。29人いる理事のうち、28人が辞任する見通しという前代未聞の大不祥事。不適正とされた支出の総額は、2013年度から16年度の途中までで、約3300万円に上るという。老施協は、特養と医療の連携に関わる国からの補助金を、14年度は2200万円、15年度も820万円受けていた。また、同団体は国から補助金や介護報酬を受けて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。