仏仮設大手「GLイベンツ」が五輪狙い日本上陸

2017年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2019年9月のラグビーワールドカップ(WC)日本大会、20年7月の東京オリンピック・パラリンピックの施設整備の鍵を握るフランス企業が日本に上陸する。仮設施設の建設工事では世界最大手のGLイベンツ社だ。その実力は12年のロンドン五輪、16年のリオデジャネイロ五輪でも証明済み。膨れ上がる競技会場整備費を削減する切り札になるか。4月25日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、39競技会場のうち一部を除く35会場の仮設工事について基本設計委託業務の入札募集を一斉に開始した。昨年12月に公表された大会経費の合計額は1兆6千億~1兆8千億円と膨大だ。うち会場関係は恒久施設(恒設)3500億円、仮設等2800億円、エネルギーインフラ500億円の計6800億円と、予算全体の約4割を占める。組織委員会の負担は仮設800億円で、5月26日以降に委託先を決定し、9カ月間の「基本設計の中でさ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。