慎太郎が震える「578億円請求訴訟」のXデー

2017年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「小池百合子劇場」のヒートアップが止まらない。劇場最大の見せ場は豊洲問題。総事業費約5884億円を見込む豊洲新市場は、開場の見通しが立たないままだ。こうした中で注目されるのが、豊洲の汚染された工場跡地を東京都が購入した問題で当時の石原慎太郎都知事の責任を問う「豊洲用地取得の公金返還請求訴訟」の行方である。裁判は2012年5月、豊洲への移転に反対する仲卸業者ら41人が都と石原都知事(当時)を相手に起こしたもの。すでに提訴から5年近くが経つ。11年に約578億円という高額で豊洲の汚染された土地を購入したのは「地方自治法や地方財政法等に違反する」として、都に対し石原氏に約578億円の返還を請求するよう求めている。ちなみに都が東京ガスから購入した土地は最終的に37.3ヘクタールで、トータル約1859億円(1㎡当たり約50万円)。都は汚染対策に858億円を投じる一方、11年3月に東 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。