「規制委」から民主党色一掃! 原発再稼働に動く「黄金の3年」

この1カ月の再稼働を巡る情勢は電力業界の2勝1敗、BWRで2勝した意義は大きい。

2022年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

任期満了に伴う新潟県知事選挙は5月29日投開票され、無所属で現職の花角英世氏(自民支持、元運輸・国交官僚、64)が再選され、新人で住宅メーカー副社長の片桐奈保美氏(共産、れいわ、社民推薦、72)を破った。得票数は花角氏が70万3694票、片桐氏が20万3845票で、約50万票の大差がついた。花角氏は東京電力・柏崎刈羽原子力発電所の再稼働について、県独自の検証作業を進めた後に「責任を持って私の考えを県民に説明し、県民の意思を確認する」と記者団に述べた。片桐氏は「柏崎刈羽原発の再稼働に断固反対」と論陣を張ったが、支持が得られず、伸び悩んだ。選挙直前に新潟日報が実施した世論調査で、次の知事に求める政策の1位は「景気・雇用対策」で38%を占めた。「原発問題への対応」は5番目の8%にとどまり、選挙戦での争点から外れた。ロシアのウクライナ侵攻で世界のエネルギー供給網が混乱、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。