トヨタ狙う「環境総会屋」にご用心

機関投資家と連携して狙う株主提案には的確で鋭い指摘も多い。ガバナンス改革の一助となるのか。

2022年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

国際的な環境NGOであるグリーンピースが最近、トヨタ自動車の少数株式を取得し、モノ言う株主(アクティビスト)として環境対策の強化を迫る株主提案の実施に向けて動いている。

トヨタVS.グリーンピース

グリーンピースの動きで注目すべきは、機関投資家に同調を求めている点だ。今年5月19日、内燃機関の新車の販売停止とEVなどの導入拡大を一緒に働きかけるプロジェクトを開始した。これが今後、トヨタのコーポレートガバナンスに大きな影響を与えることになるかもしれない。米国では、株をわずかしか持たない株主が機関投資家と連携することで、これまでのガバナンスを揺るがす事態が起こっている。0.02%の衝撃――。こう指摘されるのは、昨年5月にあった米石油メジャー、エクソンモービルの株主総会で0.02%の株式しか保有していないアクティビストのヘッジファンド、エンジン・ナンバーワンが委任状争奪戦に勝ち、取締役3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。