コロナで選挙戦は何が変わったのか?/選挙プランナー 三浦博史

選挙の基本は「知名度」と「認識度」の向上。立憲民主党の敗因の一つは「嫌悪度」の高さ。

2021年12月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月31日、新内閣発足から史上最短の日程で総選挙が行われた。結果は一部マスコミ等の予想を覆し、自民党は選挙前の276議席から15議席減らしたものの、「絶対安定多数」の261議席を確保し、公明党も3議席増の32議席を獲得した。対する野党は、多くの選挙区で候補者調整が行われたにもかかわらず、立憲民主党は14議席減の96議席、共産党も2議席減の10議席と厳しい結果に終わった。その一方で日本維新の会は選挙前の4倍近い41議席を獲得し、第三党に躍進した。今回の総選挙は、自民党は選挙対策を統括する立場の甘利明幹事長をはじめ、平井卓也前デジタル相や現職閣僚の若宮健嗣万博担当相が小選挙区で敗れ、派閥の領袖である石原伸晃氏や、野田毅元自治相等のベテラン勢が議席を失った。野党側も立憲・枝野幸男代表は午前0時過ぎ、ようやく当確。「選挙の達人」といわれた小沢一郎氏、中村喜四郎氏も小選 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。