留寿都を私物化する「加森」

IR汚職で一躍有名になった寒村で地元リゾート運営会社丸抱えの村長選。悲劇の始まり。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「話にならない。完全な村の私物化だ」。北海道庁の関係者は、怒りのあまりそう吐き捨てた。

企業誘致で前村長と溝

北海道留寿都(るすつ)村。人口2千人に満たない寒村が、その名を知られることになったは2019年末のことだった。留寿都はカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)担当副大臣だった衆院議員秋元司が、賄賂を受け取ったとされる「IR汚職」の舞台。テレビの全国ニュースなどで地名が盛んに報じられ、一気に広がった。秋元に賄賂を渡したのは中国企業「500ドットコム」と、スキー場や遊園地などを備えた大型施設ルスツリゾートを持つ加森観光の前会長加森公人だ。その村で今年3月、村長選があった。候補は2人。道庁OBで2期8年にわたって村長を務めた現職場谷常八に、元村職員の女性村議、佐藤ひさ子が議員の座を辞して挑んだ。現職3期目を目指す選挙は本来、最強の選挙とされる。だが、結果はダブルスコア近 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。