現地ルポ:初めて見たイチエフ「廃炉道」

田部康喜 東日本国際大学客員教授 元ソフトバンク広報室長

2020年12月号 LIFE [現地ルポ]

  • はてなブックマークに追加

マイクロバスが進む道沿いに、時間が止まったような無人の民家や商店が風景から遠ざかっていく。耕作放棄地に生い茂った、セイタカアワダチソウの黄色い花が風にたなびいている。晴れ渡った10月下旬の晩秋の外気は冷たいが、窓越しの光は暖かだ。向かっているのは、JR常磐線の富岡駅から30分足らずのところにある、厳戒の施設である。福島県の太平洋を望む、浜通り地方の双葉町と大熊町をまたぐようにして、東京電力福島第一原子力発電所はある。福島第一原子力発電所を電力関係者は「1F(イチエフ)」と呼ぶ。地元の人たちの朴訥で柔らかな言葉をすくいあげるとするならば「いちえふ」のニュアンスに近い。かつては郷土の誇りだった施設は、いまも日常のなかに存在する。ここで1日に働いている約4千人のうち、地元の人が6割を占める。

ほのかに見えてきた「里程標」

筆者は、「日本で原発に一番近い大学」といわれる、いわき市に本 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。