特別寄稿 中野剛志 米軍は「撤退」中国が「東アジア」覇権

誰が大統領になろうが、アメリカ覇権の凋落と中国の台頭という「構造」は変わらない。日本にとっては悪夢。

2020年12月号 BUSINESS [米大統領選後の行方]

  • はてなブックマークに追加

今回のアメリカ大統領選には大きな注目が集まったが、大統領選後のアメリカの行方を予測するのは、大統領選の結果を予測するよりもはるかに容易である。なぜなら、アメリカが向かう方向性は、大統領という「主体」ではなく、国際政治経済の「構造」によって決まっているからだ。それは、アメリカ覇権の凋落と中国の台頭という「構造」である。この構造を理解する上では、国際政治経済学における「覇権安定理論」という理論の助けがいる。「覇権安定理論」を唱えたのは、国際政治経済学の権威ロバート・ギルピンである。ギルピンは、1981年に『戦争と世界政治における変化』を著し、こう論じた。リベラルな国際政治経済秩序は、その国際秩序を守護する覇権国家を必要とする。十九世紀であれば大英帝国、二十世紀の西側であればアメリカが覇権国家である。ところが、覇権国家に支えられた国際政治経済秩序 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。