李登輝元総統を偲ぶ by 池田維

「まさかの時の友は真の友」

2020年10月号 LIFE [台湾民主化への道]

  • はてなブックマークに追加

台湾の李登輝元総統が逝去(享年97)された。90年代から始まった台湾内部の民主化への動きと日台間の友好・親善の動きは、李登輝氏というかけがえのない政治指導者の存在を抜きにしては語ることができない。 私が「日本台湾交流協会」(実質的に大使館に相当)の台北事務所代表として、台湾で勤務したのは2005年から08年までのことである。そのころ李登輝氏は12年間(1988~2000年)務めた総統職をすでに退任し、総統は陳水扁氏(民進党)に交代していた。私が台北に赴任して2年後、李氏は総統退任後第3回目の日本訪問を行った。それは「奥の細道」を探訪する文化・学術を主たる目的とした旅であった。それまでの2回の訪日と異なり、その時はじめて李氏は首都東京の地を訪れ、聴衆に対し講演し、記者会見を行った。また、戦時中にフィリピンで戦死した兄が祀られている靖国神社を参拝した。中国はそれ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。