「核のゴミ町長」の意外な評価

風力発電の有名町長が処分場に名乗り。厳しい町財政が背景。経産省の影もちらつく。

2020年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

札幌から車で2時間超。北海道の日本海側、人口3千人弱の町が突如、この夏、全国ニュースの舞台になった。原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場選定の第一段階となる文献調査に応募を検討していると報じられたのだ。

「ダークサイドに落ちた」

寿都町長の片岡春雄はエネルギー業界でかなり名の通った人物だ。町職員時代の1989年に自治体が運営する風力発電所を全国で初めて稼働。現在は11基を運転しており、町の年間売電収入は7億円近くになる。旧民主党政権時代に作られた再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)の対象に既存施設を含めるよう、日夜のロビー活動で制度変更を実現させた実行力は今も業界の語り草だ。現在は風力発電推進市町村全国協議会の会長も務めている。東京の大学を卒業後、民間企業のセールスマンを務めていた異色の経歴の持ち主だ。町職員から2001年に町長に初当選する ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。