「風蕭蕭」

ベネズエラにみる政権転覆情報戦

2019年6月号 連載 [編集後記]

  • はてなブックマークに追加

「臆面もない『偽ニュース』の雨の中にいま、私たちは立っている。私は偽ニュースに関して、何ページでも論文を書くことができる」(セイコウ・イシカワ駐日ベネズエラ大使、5月10日、日本記者クラブの記者会見で)イシカワ氏が会見で言及したのは、ベネズエラの野党指導者で国会議長のフアン・グアイド氏らによる4月30日のクーデター未遂事件についてだ。米国や日本の朝日新聞など一部報道は、グアイド氏らが反ニコラス・マドゥロ大統領派の兵士らに守られながらカラカス中心部の空軍基地に入り、兵士らに政権支持をやめるように訴えたと報じた。クーデターが進行しているように思わせる内容だった。これに対しイシカワ氏は、現地で撮影されたとするビデオを示し、兵士らは刑務所で発生した暴動を鎮圧するため出動すると言われてバスで空軍基地横に連れてこられた。騙されたことに気付きすぐに離脱が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。