初来日・習近平が「著作権侵害撲滅」に本腰

2019年6月号 POLITICS [特別寄稿]

  • はてなブックマークに追加

中国の習近平国家主席が6月の20カ国・地域首脳会議(G20)に合わせて初来日する。私は国会議員になってから、中国との経済外交に力を入れてきた。日中双方に拠点を置くビジネス関係者から紹介を受け、今年、中国で中国政府中枢と面談した。そこで強く感じたことは、中国は日本との関係改善に本気で取り組む考えであり、特に中国による著作権侵害の撲滅に本腰を入れようとしていることだ。中国側は「中日関係は非常に重要だ。昨年の安倍晋三首相の訪中もあり、中国国内では日本との関係改善と更なる強化を望むムードが高まっている。国家主席の訪日を関係のさらなる強化のきっかけにしたい」と強調する。「幅広い日中関係強化の思いは同じであり、日中は既に経済面で密接な間柄にある。ますます切っても切れない関係になると確信している」と、私は答えた。目下の対米関係の硬直化という背景もあろうが、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。