歴代住宅局長の天下り先が「建築基準法違反」の温床

2019年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

レオパレス21に続いて大和ハウス工業でも建築基準法違反が発覚した。どちらも、いわゆる「型式認定」制度を使うことで建築確認検査のチェックをすり抜けたのが原因で、同制度に対し一部の業界関係者らの間で懸念が広がっている。1960年代、住宅の工業化=プレハブ化が本格的に始まった。当時は複雑な構造計算を電卓を叩いて行っており、一戸ごとに住宅性能をチェックするのは手間と労力がかかる。そこで建設省(現・国土交通省)は73年に「工業化住宅性能認定制度」の名称で型式認定を導入。指定検査機関で型式認定を取得した住宅商品や建材は、建築確認で構造計算書などの提出を省略できることになった。その後、95年の阪神・淡路大震災で住宅にも大きな被害が発生したことから、2000年に住宅品質確保促進法が制定され、住宅性能を個別に評価する「住宅性能表示制度」ができた。しかし型式認定は、国交 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。