Hana倶楽部「被害女性」が破産引導

管財人が入り資産をあらためれば千葉の土地の投資話は白黒決着する。ハチの一刺しは「洗脳投資集団」を壊滅できるか。

2018年1月号 DEEP [利用された中高年女性]

  • はてなブックマークに追加

「債権者破産を申し立てます」。2017年11月7日、東京地方裁判所を大阪市在住の弁護士が訪れた。弁護士が申立書の添付書類として手にしていたのは、多くの中高年女性から投資と称してお金を集めたものの、そのほとんどを返済せず、全国各地で問題となっている「Hana倶楽部」の運営会社「Shunka」と、同社と本店の所在が同じ「ロゼッタホールディングス」のカネ集めに関する資料だった。地裁に提出された資料によると、依頼人である大阪市在住の女性は、Shunkaとロゼッタ社による投資金未返還問題の「被害者」の一人。投資金とは別に、ロゼッタ社に対し12年~16年にかけて、事業資金を総額3926万円貸し付けていたが、返済される様子がないので債権者として破産を申し立てたという。ロゼッタ社はShunkaの元会長の飯田正己氏がかつて代表取締役を務め、その後も取締役で残っている会社で、両社は密接な関係 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。