人手不足解消に挑戦ローソン「イノベーションラボ」

ローソンがAI、IoT、ロボティクスなど最新テクノロジーを導入する研究施設を開設。春には「深夜無人レジ化」の実証実験も。

2018年1月号 INFORMATION

  • はてなブックマークに追加

好景気の一方で、企業の人手不足が深刻だ。生産年齢人口は減少が止まらず、今後この状況が続く可能性も高い。どこも人手確保に懸命だが、最も危機感を募らせる業界の一つがコンビニ業界だろう。全国でコンビニの数は5万5千店以上。深夜営業に加え、公共料金支払い、宅配、チケット購入など、もはや生活に欠かせないさまざまな機能を担うためにスタッフの業務が多岐にわたる。各社とも海外からの留学生などを含め人材育成に努めているが、それだけでは根本的な解決にはならない。複雑な業務をより効率化し、スタッフの負担を減らすことが、喫緊の課題となっている。そんな中、コンビニ大手の一角、ローソンが次世代型コンビニの研究施設を開設した。研究の目的は、まさに焦点の「効率化」「生産性向上」にある。

システムが運営、人はサポート

ミニロボットの「Sota」は接客で質問に答えるだけでなく、スタッフ向けにマニュアルも装 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。