安倍「対ロ外交」に宗男パワー

鈴木宗男の持論は「二島+α」論。首相は「四島返還を放棄して呑む」との見方が強まっている。

2017年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

北方領土問題決着に意欲を燃やす安倍晋三首相が4月末にロシアを訪問、プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨む。だが、今回は、昨年9月のウラジオストクで、首相が領土問題決着の「道筋が見えてきた」「その手応えを強く感じとることができた会談だった」と興奮気味に語ったような言葉を聞くことはないだろう。安倍官邸が見据える着地点は来年秋以降。おそらく、安倍自民党総裁の三選が確定してからだ。昨年は、山口県長門市での会談に向けて煽り過ぎた期待感の反動で、その結末に失望が広がったが、安倍官邸は直ちに体制の立て直しと戦略の修正に着手した。ロシアでは、夏になれば来年の大統領選に向けて内政の季節に本格的に入る。今回の安倍訪ロ後1年余は、首相のパフォーマンスはあっても実質的には地味な実務者協議が中心になるだろう。昨年暮れの長門会談の「敗戦処理」は、素早かった。安倍官邸の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。