防衛省「馬毛島買い取り」困った

トランプ氏来日前に買いたいが、森友で国民は国有地の問題に敏感になり、一転慎重居士に。

2017年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

防衛省が森友学園問題を巡る余波で右往左往している。稲田朋美防衛相、その夫である弁護士と、籠池泰典前理事長の関係が疑われているためだけではない。同省を悩ませている問題がもう一つあるのだ。「くれぐれも慎重にやるように」。今年3月、防衛省幹部は、部下にこう指示を出した。「慎重に」とは、鹿児島県西之表市にある馬毛島(まげしま)の土地価額の鑑定のことを指している。防衛省は昨年11月、米空母艦載機の離発着訓練場(FCLP)の移転先の候補地として、馬毛島を所有する会社と、島を買い取る交渉に入ることで合意した。ただ、島を所有するタストン・エアポート社が、これまでの整備費を含む約150億円で買い取るよう要求したのに対し、防衛省側は「価値は数十億円」との判断を示し、両者の隔たりは大きく、交渉は難航していた。ある防衛省関係者は「数十億円どころか本当は数億円程度ではない ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。