BPOの東大女性教授が「トンデモ発言」

2017年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

BPO(放送倫理・番組向上機構)といえば、テレビ局にとっては非常に怖い存在。放送された番組について「審理入りする」ことを決めただけで、番組が打ち切られてしまうこともある。事実上の検閲機関と化している、という批判は絶えないのだが、生殺与奪の力を持つ委員はいくら暴走しても構わないようだ。 「今は若い女性が裸の写真を撮られることは、そんなに特別なことではない」 3月に放送人権委員会が開いた記者会見で、とある申し立てに対する決定文を起草した白波瀬佐和子委員(東大大学院教授)が、こう言い放った。放送されて問題になった内容ではない。BPOの放送人権委員会の委員の発言である。 白波瀬委員が起草した決定とは、元地方公務員が酒に酔って抵抗不能になった知人女性の裸の写真を撮って準強制わいせつ容疑で逮捕(その後不起訴)されたという事案に関するもの。元公務員は「勝手に裸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。