編集者の声・某月風紋

2012年3月号 連載

  • はてなブックマークに追加

某日、福島原発が立地する双葉町が、役場ごと避難した旧騎西(きさい)高校(埼玉・加須(かぞ)市)を訪ねる。最寄り駅からクルマで15分。冬枯れた田畑の向こうに5階建ての古びた校舎が姿を現す。旧校長室(現町長室)のある2階が役場となり、畳を敷いただけの教室で今も500人弱の町民が避難所生活を送っているとは想像もしなかった。朝昼晩に仕出し弁当を配るチャイムが鳴り、送迎付きスーパー銭湯も利用できる。駐輪場で洗濯物を干す人、中庭でタバコをふかす人、食堂で新聞を読む人、無料パソコンの前に座る人。どこか孤独で草臥(くたび)れて見えるのは、その多くが家財を失った無職のお年寄りだからだ。1月30日、加須市で開催された国会事故調を傍聴する。参考人となった井戸川克隆双葉町長(65)は「(政府の原発事故関連会議の)議事録がないのは背信行為だ」と憤り、国の「中間貯蔵施設」建設 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。