編集者の声・某月風紋

2011年10月号 連載

  • はてなブックマークに追加

そぼ降る雨の土曜日。飯舘村に隣接し、計画的避難を余儀なくされた山木屋地区(川俣町)の人たちが集団移住した町営グラウンド「農村広場」を訪ねる。160戸の仮設が建ち並び、屋根まで伸びた朝顔が風にそよぐ。ここで暮らす約360人の平均年齢は72歳。自治会長の廣野太さん(61)は「一番困るのは何もすることがないことです。老人は体を動かさないと体調を壊す。除染はいつはじまるのか。うちに帰るのが、どれほど困難か、よくわかった」と話す。行き交うクルマはなく、浪江町に入る。原発から28キロ地点に赤ランプの検問所。アスファルト上でさえ毎時6マイクロシーベルト(μSv)を示す。警察官も外には立たず、車内から注意を促す。草ぼうぼうの脇道を入ったところにある津島中学校は10μSvを超える汚染ゾーンだ。野田首相は就任会見で「除染が大きな課題。省庁の壁を乗り越えて実施する。福島の再生な ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。