東京機械株買い占め劇に新事実/アジア開発「新株」が闇に消えた謎/あの中国人投資家が利益か

号外速報(9月30日 15:00)

2021年10月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

本誌がこれまで2度(今年5月号、同9月号)にわたり在日中国人ネットワークとの関係を報じてきたアジア開発キャピタルで疑惑が持ち上がっている。同社は昨年10月に大規模なエクイティファイナンスを実施したが、引受契約でロックアップ条項などを定めているにもかかわらず、大量の新株や新株予約権がその後、所有者不明の事態となっているのだ。このことは現在進行中の東京機械製作所との攻防戦に少なからぬ影響を及ぼす可能性がある。

破格の条件だった新株・新株予約権の割り当て

慢性的な赤字経営に陥っているアジア開発キャピタルは昨年10月6日、新株と新株予約権の第三者割り当てを行った。資金調達額は新株で20億円、新株予約権では最大18億9900万円が見込めるものだ。発行会社の不振ぶりを反映して発行条件は破格。新株の割当価額は発表日(昨年8月12日)の直前終値の半値以下である1株3円。同様に新株予約権は無償割り当てで、かつ行使額 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。