東京ニット健保VSアダストリアの異常事態

被保険者数8万7千人の「東京ニットファッション健康保険組合」のガバナンス不在が露呈。

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

健保組合と加入企業が対立する異常事態が起こっている。アパレル業界の総合型健保組合・東京ニットファッション健康保険組合(理事長・宮入正英、以下KF健保)が、加入者の1割を占めるアパレル大手・アダストリア(会長兼社長・福田三千男)から脱退の申し出を受けながら、3年間も拒否し続けていることが1月に判明した。KF健保は衣料品卸問屋や縫製工場が中心となって1953年に設立されたが、2000年頃から、アダストリアのような新興のアパレル小売が加入しだした。同じアパレルという括りでも、問屋や製造工場は事業所が関東に集中し、高齢の男性が加入者の中心。一方、アパレル小売の従業員は若い女性が大半を占め、店舗がイオンなど全国各地に点在している。アパレル小売が急成長を遂げる中、ミスマッチが広がっていた。例えば、健診の受診機関が関東に集中しているため、地方の従業員は健診を受けら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。