「第2のニセコ」富良野に投資妙味

初の外資系高級ホテルコンドミニアムが完売。溢れる海外投資マネーと西武グループの業績が鍵。

2021年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

コロナ禍の最中、北海道は、スキーシーズン真っただ中でもある。世界的なリゾート地となったニセコでは、外資系最高級ホテル「パークハイアットニセコHANAZONO」に続き、昨年末には「東山ニセコビレッジ、リッツ・カールトン・リザーブ」が開業した。足元のインバウンドはゼロながら、世界的な金融緩和の影響もあり、この先もアマンやカペラといった外資系最高級ホテルの開発計画が進んでおり、不動産投資も続いている。一方で、ニセコがブランド化し、不動産価格が上昇したことで割高となり、「第2のニセコ」を探す動きが道内で活発化している。例えば、加森観光は昨年12月、ルスツ初の高級ホテルコンドミニアム「ザ・ヴェール・ルスツ」を開業した。最も高い部屋は5億7千万円もするが、全160室のうち、既に約6割が国内外の富裕層に販売済という。ルスツ以外にもタイ資本のキロロリゾート、星野リゾー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。