「コインハイブ採掘」強引に摘発

サイト閲覧者のパソコンの処理能力を勝手に使って仮想通貨を採掘。これって違法なの?

2018年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

時価総額を拡大し存在感を増している仮想通貨。一部はハッキング被害に加え投機対象として乱高下を繰り返すも、仮想通貨経済全体の勢いは止まりそうにない。ただ、エスタブリッシュメント側からすると、コントロールの利かない通貨が世にはびこるのは不愉快のようだ。6月、仮想通貨の「採掘」を不正に行ったとして、神奈川や愛知など全国の10県警が「不正指令電磁的記録に関する罪」の容疑で計16人を摘発した。不正指令電磁的記録に関する罪とは、2011年に改正され刑法に新設された、別名「ウイルス作成罪」と呼ばれている罪である。 だが、今回の事件の内容をよく見ると、不正なウイルスを作ってばらまく従来からあるサイバー犯罪とは様子が違う。識者の中には、法律の乱用、ネットの新しい可能性を潰しかねない、と批判する意見も多く、議論が沸騰している。さらに、今回摘発されたうちの1人、ハンド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。