「CM過剰受注」でペナルティ武田TBS社長退陣の暗部

2018年6月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

TBSの武田信二社長がこの4月の終わりに、突如、退陣を表明し、関係者の間で驚きが広がっている。在任わずか3年、表向きは「変革の激しいメディア界で、より若い世代の力を活かすため」と、自ら身を引くことによって「世代交代」を加速させる意義を強調しているが、内実は全く異なっているようだ。実は、TBSの広告収入は今年に入って見通しを数十億円も下回り、主要キー局に差をつけられている。原因は、同社営業局が昨年夏から、放送可能な枠量をはるかに超えるCMを受注し、売り上げに計上しながら、実際は翌月のCM枠で処理する操作を繰り返し、それが昨年末に遂に行き詰まって、大量のCM枠を広告主に返上したことにある。その結果、代理店や広告主から大顰蹙を買い、年明けのCMセールスでペナルティを受け、受注額が急減、好調だった収支も暗転して昨年度の決算は減益に沈んでしまった。そもそも事の始 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。