公取委に睨まれた百貨店が恒例の「売上発表会」を中止

2018年6月号 BUSINESS [インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本百貨店協会加盟の大手・中堅百貨店が長年続けてきた「売上発表会」の中止が相次いでいる。発表会は、同じ商圏で競合する各店舗の総務担当者が集まり、毎月の売上高を報告し合う商慣行。発表された各店舗の売上高を、その地域の代表社がまとめてリリースし、主に経済系の新聞や雑誌が取り上げてきた。横浜高島屋やそごう横浜店、地元資本の横浜岡田屋などがひしめく横浜・川崎地域では、今年4月分から売上発表会を取りやめた。関係筋によると、地元記者クラブへの月例リリースも予告なく中止されたという。「各店舗とも人員削減で余裕がなくなった」というのが中止の理由だが、各店とも大幅に人員が減った形跡はなく、腑に落ちない。ある百貨店の幹部は「公正取引委員会の絡み」と声を潜める。百貨店業界は今、公取委のターゲットになっているというのだ。事の発端は、昨年夏、公取委が大阪の複数の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。