テスラ死亡事故に「不都合な真実」

「自動運転車はそれ以外の車の10倍安全」という弁明には、周到なレトリックが施されている。

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

電気自動車(EV)大手のテスラが5月2日に発表した2018年1~3月期決算は、最終損益が7億955万ドルの赤字(前年同期は3億3027万ドルの赤字)だった。四半期では過去最大の赤字だ。昨夏から出荷に入った量産車「モデル3」の生産がうまくいかず、そのテコ入れで投資がかさんだ。モデル3の生産目標は週5千台だが、決算発表直前でも週2270台にとどまった。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、目標達成は約2カ月後で、計画通りなら7~9月期にも黒字に転じると強気の見通しを示した。生産体制の確立はそう簡単にはいくまい。昨年、テスラは四半期毎に10億ドル規模の設備投資を繰り返した。その状況が改善したとは言い難い。昨年末に34億ドルあった手元資金は今1~3月期に27億ドルまで目減りした。ウォール・ストリート・ジャーナル電子版は「長期債務とキャピタルリースの今年の返済をかろうじてまかなえ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。