キャッシュレス比率80% 「中国に追随」は益なし

2018年6月号 BUSINESS [特別寄稿]

  • はてなブックマークに追加

ちょうど50年前の1968年12月、3億円強奪事件が日本中を震撼させた。お金の運搬方法や要する時間、隠し場所等の様々な疑問で沸き立った。ところが今年、その200倍もの資金が一夜にして奪われた。コインチェックの580億円のNEM流出事件。金融技術は、2千年以上も続いてきた貨幣決済の常識を大きく変えつつある。決済システムの変化が著しい国の代表格が中国だ。消費者の8割がアリババかテンセントグループのモバイル決済を使っている。現金は、外国人の財布の中以外では殆ど目にしない。年間のモバイル決済額は202兆9300億元(約3500兆円)と、日本の年間カード利用額67兆円の50倍にも上る。中国のコンビニのレジでは、現金はいぶかしげな目で見られ、常備されている偽札判定機にかけられる。前払いが原則の病院では、精密検査後に発覚した腫瘍摘出の追加料金をモバイル決済するよう、手術室で医師から求 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。