グリコ「悦朗親衛隊」に幹部脱走

父・勝久社長を支えたIR部長が閑職に。御曹司の社長就任を前に社内はシラケムード。

2018年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「このタイミングで辞めるなんて、会社に対する当てつけなのだろうな」(江崎グリコ関係者) グリコの株式・IR部長だった松浦博幸が5月末に退職するのが明らかとなったのは、年度末の3月だった。決算発表に向けた作業が始まっていたため、社内は混乱したという。松浦は元山一証券マン。グリコに入社してからは、総務部長などを経て、株式・IR部長に就いていた。5年前に2000円台だったグリコの株価が足元で5000円を突破しているのは、2017年3月期まで6期連続で増収、経常増益を続けた業績面での裏付けもあるが、「松浦さんが目立たないディフェンシブ銘柄でしかなかったグリコ株を、市場関係者に盛んに売り込んだからだ」という評判もある。年明けに、そうした評判があながち外れていないと思わせる出来事があった。グリコは1月31日に18年3月期第3四半期決算を発表。売上高は前年同期比0.4%増の2722億円 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。