「伊東マンショ」が蘇る

天正遣欧少年使節とティントレットの絵

2017年11月号 LIFE [美の来歴 第2回]

  • はてなブックマークに追加

伊東マンショら天正遣欧少年使節の4人がポルトガルの首都、リスボンに着いたのは1584年8月11日である。2年前に長崎を出発した時、まだ13歳と14歳のいたいけな少年だった4人は、マカオ、マラッカ、ゴアから喜望峰を回って北上する長い船路の間に、逞しい若者に成長しつつあった。肌に焼けつく酷暑と嵐で荒れ狂う海に船は弄ばれたが、喜望峰を越えると、ようやく穏やかな大洋が果てしなく広がる。<幸いなるかな 貧しい者、天の王国はその人のものである>聖書の「マタイによる福音書」にある「山上の垂訓」の一節が、マンショたちは好きだった。船上で巡察使のメスキータが朗読したこのくだりを暗誦すると、若々しい声はたちまち紺青の波頭に飲み込まれていった。広い甲板の上で4人は近づく欧州という未知の世界と、荘厳なサン・ピエトロ大聖堂の伽藍に想像をめぐらした。日本語とラテン語を繰り返し学 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。