中国「安邦保険」が新生銀行大株主の怪

2017年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

金融庁もぎょっとして目をむいた。6月22日、関東財務局に提出された新生銀行(旧日本長期信用銀行)の第17期(17年3月期)有価証券報告書である。業績低迷は毎度のことで珍しくもないが、肝を冷やしたのは大株主のリストである。第11位株主に4289万8千株(1.55%)を保有するAnbang Investment Holdingsが顔を出した。保険収入で中国2位、北京を本拠とする安邦保険集団の香港投資部門である。鄧小平や陳毅ら革命世代の子孫が経営を握り、「中国のバフェット」と言われた呉小暉会長が、ニューヨークの最高級ホテル「ウォルドルフ・アストリア」を19.5億ドルで買収するなど、アジアや欧米で派手に資産漁りしていた「紅色企業」である。それがなぜ、細々と生き長らえる新生銀行の株式を買ったのか。謎はそれだけではない。中国保険監督管理委員会(保監会)が保険業界に対する規制を強化し、5月に安邦生保 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。