カストロとアメリカ愛憎の深淵

90歳で逝ったキューバの革命児に、アメリカは可愛さ余って憎さ百倍。見誤るなかれ。

2017年2月号 GLOBAL [特別寄稿]

  • はてなブックマークに追加

ワシントンに駐在していた1982年のこと、知り合いのフランス人記者から耳よりな話を聞いた。ヘミングウエイの名作『老人と海』のモデルとなったグレゴリオ・フェンティスという老人がまだ健在で、キューバに行けば会えるという。矢も盾もたまらなくなり、ワシントンにあったキューバの連絡事務所に入国許可をほしいという手紙を書いたら、ややあって、広報担当者が会うという返事をしてきた。出向くと、意外にも好意的で、「米国からの直行便はないが、カナダからならモントリオール経由で行ける」とまで教えてくれた。ときあたかもレーガン共和党政権、タカ派中のタカ派とあって、キューバはいまの北朝鮮のようなものだった。連絡事務所周辺には監視カメラがあったのだろう。身の回りに異変が起きた。自宅で誰かに電話をすると、がらんどうの部屋にいる相手と話をしているような、声が抜ける感じがある ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。