編集者の声・某月風紋

2011年12月号 連載

  • はてなブックマークに追加

10月某日、東京・板橋区の公営住宅にこんな求人ビラが撒かれた。<東日本大震災復興事業>福島(原発20㎞圏内)ガレキの撤去作業員募集――。真っ赤な活字で「1日4時間労働(交代制勤務)、日給2万7千円(月80万円以上)」と謳っている。「支払:10日ごとの締め、7日後支払い、期間:2カ月に限る(休日なし)、宿泊施設:無償提供、食費:1日3食、1750円(相殺可)」飯場暮らしの短期労働だ。「年齢:40歳~70歳(男性のみ)、労災あり(作業防護服支給)、登録制・定員50名、先着順で締め切り、お電話ください!」と続く。70歳の老人に白い服を着せ、どんな仕事をさせるのか、薄気味悪い。さっそく応募者を装い、募集先のTセンター(東京・渋谷区千駄ヶ谷)の担当者Iの携帯に電話をかける。「当局の要請で住所不定・暴力団関係者はお断りしています。まず住所や氏名をご登録いただき、それを確かめたうえ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。