編集後記

2011年9月号 連載

  • はてなブックマークに追加

日曜日の夕暮れ。都内の特養老人ホームの夏祭りをのぞく。駐車場に櫓(やぐら)を建て、車イスのお年寄り70名が周りを囲む。施設の理事長が言う。「震災後で迷いましたが、今年も地域の皆さんの応援で無事、開催することができました」。地元選出の代議士も姿を見せ、花火が上がり、模擬店には長い列。郷土芸能保存会の子どもたちが太鼓を打ち鳴らし、浴衣姿の女性ボランティアが東京音頭や炭坑節に合わせて踊る。車イスのお年寄りも両手をかざして調子を取り、練馬区最高齢という110歳の女性入居者の笑顔も見える。震災から147日目。石巻を再訪する。新北上川の橋のたもとに立つ大川小学校は、児童74名と教職員10名が死者・行方不明になった非業の地。校門前には慰霊碑と小さなお地蔵さま。お花やお菓子やぬいぐるみで飾られた祭壇の前で僧侶がお経を読んでいた。碑には「東日本大震災大津波横死」と刻 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。