編集後記

2011年8月号 連載

  • はてなブックマークに追加

7月2日の昼下がり。全村避難した飯舘(いいたて)村に入る。6月22日に福島市に移転した村役場は暗く静まり返り、留守番の職員が独りパソコンを叩いている。その前庭に設置された放射線検出機は毎時3.91マイクロシーベルト(μSv)を示す。原発から40キロも離れているのに、2号機と4号機の連続爆発後、この役場に放射能が降り注ぎ、3月15日午後6時、44.7μSvの最高値を検出した。3月末にIAEAが避難基準を上回ると警告を発したが、政府が村全域を計画的避難区域に定めたのは4月22日だった。役場の向かいに立つ地域活性化センター「いちばん館」には、村民350人からなる防犯パトロール「いいたて全村見守り隊」が陣取るが、その玄関に、これ見よがしの大貼り紙。「見守り隊員より、報道陣の取材により、業務に支障をきたすとの声から、見守り隊員に直接及び同行取材は一切お断りします。飯舘村住民課」とある ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。