源氏物語を「楽しみ尽くす」方法/歴史に残る巨編を書けた理由/半世紀の愛好家・柳辰哉

2024年4月号 LIFE [卑下と矜恃が同居する心の内]
by 柳 辰哉(半世紀の愛好家)

  • はてなブックマークに追加

源氏物語には、本文そのものを味読することに加えて、紫式部がなぜこんなに凄い文学作品を創作できたのか、作者として伝えたかったメッセージは何なのかを考える楽しみがあります。

出自の劣等感と誇り~明石の君の描き方~

「源氏物語絵色紙帖」絵土佐光吉筆 明石 (重要文化財)出典:ColBase (https://colbase.nich.go.jp)

紫式部の本名はわかっていません。生まれた年は西暦九百七十年代と見られますが諸説あります。父親の藤原為時(ためとき)は漢詩など文学に長けた受領(ずりょう)階級でしたが、式部の曽祖父の藤原兼輔(かねすけ)は和歌の名人として知られる公卿(くぎょう)で、娘を天皇に入内させた名門でした。紫式部は、世渡りが下手で無官の時期もあった父親を見て出自の低さを痛感する一方で、過去には高貴な家柄だったことにプライドを持っていたと見られます。そのせいか源氏物語の中で、階級や家柄の影響を受ける登場人物の人生を描くときは特に筆に力がこもっているように感じます。その典型として、光源氏の側室の一人となった明石の君の生涯をたどります。

明石の君の父親は明石の入道と称し、父親が大臣の家柄でしたが、受領を務めた播磨(はりま)の国に住みつき、娘を貴人に娶(めあわ)わせる夢に老後を賭けていました。光源氏が朧月夜尚侍(おぼろづきよのないしのかみ)との密通などにより須磨の地に隠遁していたのを知った入道は、源氏を招いて娘の明石の君に引き合わせることにしました。

二人の和歌のやりとりが始まりましたが、明石の君は自分の身の程の低さから、源氏と結ばれても捨てられるのは明らかだと思ってためらいます。卑下と矜恃が同居する心の内は次のように記されています。角田光代氏の現代語訳です。

【まったくとるに足らない分際の田舎者ならば、ほんのいっとき都から下ってきた人の甘言につられて、そんな軽はずみな契りを結ぶこともできるだろう。光君は私を人の数にも入れてくださらないだろうから、私はただつらい思いを抱えるばかりになる。】(角田訳「明石」より。河出書房新社・日本文学全集『源氏物語 上』)

一方源氏は入道の誘いに明石の君への関心を高めますが、「心細きひとり寝のなぐさめにも」と言ったのが本音のようで、対等の相手ではなく下に見て、女の方から逢いに来るべきだと考えていました。しばらく意地の張り合いのような状態が続きましたが、結局入道の手引きで源氏が明石の君を訪ね、二人は結ばれました。源氏は次第に明石の君に惹かれますが、京に残した紫の上の嫉妬を気にして逢瀬は間遠な時期もありました。このまま見捨てられるのではないかという不安を明石の君に残したまま、源氏は勅命により二十八歳の秋、京へ戻りました。

歌川豊国「源氏香の図」薄雲(国立国会図書館 デジタルコレクション)

翌年、明石の君に女の子が生まれたことを源氏は知ります。源氏にとって唯一の女児のため、いずれ皇妃になりうる娘として母子を京に迎えようとしました。明石の君は身分の低さを考えて一旦は拒んだ後、京の中心部から離れた嵐山の大堰(おおい)に自分の一族が持っていた山荘に移りました。源氏は、娘を身分の低い母親のもとに置いておくと将来の入内に差し障ると判断し、幼い姫君だけを引き取って自分の妻の紫の上に養育させるという策を決断します。明石の君も煩悶の末、娘の将来のため別離を受け入れます。「19 薄雲」の帖に、三歳の娘との哀切極まる別れが描かれます。迎えに来た源氏が姫君を連れて行く場面を、原文で引用します。丸カッコ内は原文に付された傍訳または注釈です。

【姫君は、何心もなく(ただ無邪気に)、御車に乗らむことを急ぎたまふ。(車を)寄せたる所に、母君みづから抱(いだ)きて出でたまへり。片言(かたこと)の、声はいとうつくしうて(かわいらしくて)、袖(そで)をとらへて、「乗りたまへ」と引くも、いみじうおぼえて(たまらず悲しみがこみあげて)、

末遠き二葉(ふたば)の松に引き別れ

いつか木(こ)高きかげを見るべき

(生い先遠いこの姫君と別れて、一体いつ、立派に生い育った姿を見ることができるのでしょう)】(新潮日本古典集成・源氏物語 三「薄雲」より)

娘と別れた四年後、明石の君は源氏の邸宅の六条院に移りますが、紫の上が姫君を養育する所とは別の建物に住み、母子は結局、八年間も会えないままでした。

源氏の念願通り、姫君は十一歳になって東宮妃として入内します。その儀式で母親の明石の君は後見役を務め、ようやく娘との再会を果たしました。育てた紫の上とも初めて対面し、互いのわだかまりが消えてゆきます。

物語は第二部に入り、十三歳になった明石の女御は皇子を出産します。「34 若菜上」では、かつて明石の入道が見た夢のお告げに始まったというこれまでの経緯(いきさつ)を明石の女御が初めて知るくだりが、さながら「明石一族物語」のように詳しく語られ、源氏は脇役に回ったような印象です。その後、源氏が四十六歳になった年に、女御が嫁いだ東宮が天皇に即位し、源氏と明石の君の孫にあたる皇子が次の東宮に立ちました。藤原道長などが栄華の礎とした「外戚」になる立場を源氏は確保したことになります。

明石の君は、源氏や紫の上が亡くなった後、孫の皇子や皇女の世話をしながら老後を送った様子が、「42 匂宮」の帖に記されています。

明石の君の幸せは、身分をわきまえて長年続けた忍従と、母子の別離の大きな苦しみの果てにようやく得られたものでした。これも、階級社会の現実を身をもって認識していた紫式部ならではの冷徹なリアリズムなのでしょう。また、作者の自画像とか理想像とは単純に言い切れないかもしれませんが、物語での明石の君の描き方に、紫式部自身の性格や処世訓が一部投影されているように感じます。

漢詩文の深い理解が創作の柱に

廬山寺(京都市上京区)筆者撮影紫式部はこの付近に住んでいたとされる

紫式部は少女時代から漢籍をすぐに覚えたことが、NHK大河ドラマでも描かれました。父親の為時が「男の子でなかったのが不運だ」といつも嘆いていたというエピソードを、『紫式部日記』に自ら書き残しています。中国の漢詩や歴史書に親しんだ生い立ちが、源氏物語の創作に欠かせない素養になったことは間違いありません。

冒頭の「桐壺」の帖から、唐の詩人・白楽天の漢詩「長恨歌(ちょうごんか)」が再三引用されています。長編の発端となる桐壺帝と源氏の母親・桐壺の更衣との悲恋は、長恨歌の玄宗皇帝と楊貴妃の物語になぞらえられています。最愛の更衣を亡くしたあと桐壺帝が詠んだ和歌も、長恨歌の一節を踏まえたものでした。

【尋ねゆく幻もがなつてにても

魂(たま)のありかをそこと知るべく】(新潮日本古典集成・源氏物語 一「桐壺」より)

「幻」は、長恨歌の中で皇帝が、死んだ楊貴妃の魂を探すために使者としてあの世に派遣し、探し当てた幻術士のことです。和歌は、人づてでも更衣の魂の在り処(か)を知りたいという意味です。さらに源氏物語では、五十年近く経って今度は主人公の源氏が妻の紫の上を亡くしたときに、やはり長恨歌を踏まえて同じ気持ちを和歌に詠みます。

【大空をかよふ幻(まぼろし)夢にだに

見えこぬ魂(たま)の行方(ゆくへ)たづねよ】(新潮日本古典集成・源氏物語 六「幻」より)

薫を抱く光源氏 「源氏物語絵巻」和田正尚模写  柏木(国立国会図書館 デジタルコレクション)

また、四十八歳の源氏が、若き日の藤壺との密通で秘密の子をなしたことの因果応報として、正妻の女三の宮と柏木の密通により生まれたばかりの男の子(薫(かおる))を抱く場面が「36 柏木」にあります。ここでは、白楽天が五十八歳の高齢で初めて男児を得た気持ちを詠んだ「自嘲」という漢詩の一節を源氏が「静かに思ひて嗟(なげ)くに堪えたり」と口ずさみます。白楽天の場合と違って実の子ではないことを知る読者は、源氏のにがい思いを実感できるわけです。

このように、源氏物語の骨格や重要な場面が、中国の漢詩によって着想されたり表現されたりしていることは注目に値します。

日記に書いた露骨な清少納言批判

香蝶楼国貞「本朝名異女図鑑  紫式部」(国立国会図書館 デジタルコレクション)

紫式部日記には、中宮彰子(しょうし)に一緒に仕えた女房たちを評した文章がありますが、同僚ではなかった清少納言についても取り上げていて、その酷評ぶりに驚きました。原文と現代語訳を、研究者の山本淳子氏の著書から引用します。

【清少納言(せいしょうなごん)こそ、したり顔(がほ)にいみじう侍りける人。さばかりさかしだち、真名書き散らして侍るほども、よく見れば、まだいと足らぬこと多(おほ)かり。

かく、人に異ならむと思ひ好める人は、必ず見劣(みおと)りし、行末(ゆくすゑ)うたてのみ侍るは。】

〔清少納言ときたら、得意顔でとんでもない人だったようでございますね。あそこまで利巧ぶって漢字を書き散らしていますけれど、その学識の程度も、よく見ればまだまだ足りない点だらけです。

彼女のように、好んで人と違っていたいとばかり思っている人は、(最初は新鮮味があっても)やがて必ず見劣りし、行く末はただ異様なばかりになってしまうものです。〕(原文・訳とも角川ソフィア文庫『紫式部日記』山本淳子訳注より) 

清少納言が藤原定子(ていし)の後宮に仕えた時期は紫式部の出仕より前で、紫式部日記が書かれた当時すでに定子は故人でしたから、清少納言と式部の直接の交流はなかった可能性があります。過去の人になっていた清少納言をここまでけなしたのは、漢籍の教養で自分がはるかに勝(まさ)っているというプライドのせいなのか、それとも過去の定子後宮に比べて自分が属する彰子後宮の優越を強調したかったのか……。式部の本心は不明です。

漢籍だけでなく、和歌の知識も源氏物語に不可欠でした。紫式部は歌人として超一流とはされていませんが、源氏物語の中で七百九十五首も和歌を創作し、散文で表しきれない登場人物の心情を表現しています。それぞれの状況で詠み手の人物になりきって最もぴったりくる歌を自ら作る、これまた驚くべき才です。

過去の勅撰和歌集などの和歌の一部を引用する「引き歌」の手法も多く使っています。たとえば、明石の君が娘と別れたときの気持ちは原文で「よそのものに思ひやらむほどの心の闇」(娘をよそに渡して遠くから心配する親心)と表現されていますが、「心の闇」は、紫式部の曽祖父・藤原兼輔の和歌「人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな」からのキーワードとして、源氏物語で繰り返し使っています。同時代の読者は漢詩や和歌の教養を身につけていたでしょうから、現代の私たちが読むよりもさらに深く、物語の情緒を味わえたと思います。

人生経験も物語に反映か

紫式部は、宮中に出仕するまでの三十年前後の人生で様々な経験をしました。父為時は、一時仕えた花山天皇の退位後十年間も官職がなかった期間を経て、越前守(かみ)に任ぜられ、独身だった紫式部も現地に同行しました。翌々年、父親の任期中に先に京に戻りましたが、旅の途中や地方暮らしでの見聞は作家としての幅の広さにつながったと見られます。

京に戻った後、式部は藤原宣孝(のぶたか)と結婚します。四十代半ばだった宣孝には既に数人の妻と子どもがいて、夫婦の歳の差は二十歳前後ありました。しかし宣孝は二年余り後に急逝し、紫式部は生まれたばかりの娘(後に大弐三位(だいにのさんみ)と呼ばれる賢子)を一人で育てることになりました。式部の和歌を集めた『紫式部集』には夫への哀悼の歌が、岩波文庫版の南波(なんば)浩氏の解説によれば九首あり、伴侶を喪った哀しみの深さが窺えます。その一首です。

【見(み)し人の 煙(けぶり)となりし 夕(ゆふ)べより

名(な)ぞむつましき しほがまの浦】

(『紫式部集』岩波文庫より)

源氏物語の「4 夕顔」で、光源氏が愛人・夕顔の頓死に際して詠んだ和歌がよく似ていて、自らの和歌から着想を得たのではないかという見方があります。

【見し人の煙(けぶり)を雲とながむれば

ゆふべの空もむつましきかな】(新潮日本古典集成・源氏物語 一「夕顔」より)

紫式部は物心つく前に母を亡くし、姉も早世したとされ、源氏物語で登場人物が肉親や愛する人と死別する場面の描き方にはこうした実体験が影響を与えたことが推測されます。

* * *

紫式部の人物像や、源氏物語に込めた考え方の手がかりとなる書籍を紹介します。

▽『NHK「100分 de 名著」ブックス 紫式部 源氏物語』 三田村雅子氏がテレビ番組をもとに加筆した本で、作者の意図などの読み取り方が大変参考になりました。

⇒本の元になったテレビ番組「100分de名著」の源氏物語を取り上げた4回が、4月7日午前0時40分から4本続けてNHK総合テレビで再放送されます。詳細は番組ホームページをごらんください。https://www.nhk.jp/p/meicho/ts/XZGWLG117Y/schedule/

▽『紫式部日記』 山本淳子氏訳注による角川ソフィア文庫で、現代語訳が便利です。

▽『紫式部集』 五十年前に出た南波浩氏校注の和歌集が岩波文庫で復刊されました。

▽『紫式部ひとり語り』 日記・家集のほか源氏物語そのものや研究をもとに、紫式部が人生を語る自伝の形で山本淳子氏が創作し、角川ソフィア文庫になっています。

連載の最終回となる次回は、紫式部と藤原道長の関係など、源氏物語執筆の背景事情についてさらに掘り下げたいと思います。

著者プロフィール
柳 辰哉

柳 辰哉

半世紀の愛好家

1957年生まれ、東大法学部卒。NHKで記者として主に裁判取材を担当、社会部長・首都圏センター長・総務局長を経て退職。国際医療福祉大学に転職し医学部新設に携わったほかキャンパス・附属病院の事務責任者を務めた。現職はフリー校正者。源氏物語・和歌など古典文学を50年間愛好。

   

  • はてなブックマークに追加