トップが「保身」 立憲民主党に明日はない

1300万票を目標に掲げた比例でわずか677万票。それでも「負け」を認めず、居座る敗軍の将。

2022年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

安倍晋三元首相が非業の死を遂げる中で迎えた参院選は、自民党の圧勝で幕を閉じた。立憲民主党は改選23議席を大きく割り17議席にとどまった。野党第1党として過去最低の議席である。それでも泉健太代表(47)は引き続きその座に居座ろうとしている。「改選前の議席を得た6年前と比べると、支援基盤が大きく分かれるなど、全く違う環境下で選挙を戦わなければならなかった。最善を尽くしたと考えている。結果は重く受け止めながらも、挽回していく余地が十二分にある結果だった」――。投開票日翌日の11日、泉氏は選挙戦を振り返った。「代表には任期があり、その期間中、党をいかに上昇させていくかが責任だ。地方の基盤強化を図り、生活者の方々との対話を強化して、党勢の拡大に努めたい。また、もっと今の時代にあった情報発信の取り組みを強化したい」とも語った。党内での総括が一切ないままで早々に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。