失笑買う岸田流「しょぼい厚労省再編」

感染症対策に集中…とは言え、省幹部も「え、それだけか…」。巨大官庁の抜本再編は遠い。

2022年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

6月17日、岸田文雄首相は首相官邸で開いた「新型コロナウイルス感染症対策本部」で、今後のコロナ対策に向けた新たな方針を発表した。首相は公衆衛生危機に備える司令塔「感染症危機管理庁」の設立などに加え、厚生労働省の一部再編に踏み切る考えを示し、浮かんでは消えた再編が遂に動き出したかに見えた。しかし、実態はほんの一部限りの見直しにとどまる。いかにも岸田らしい「シャビー(みすぼらしい)な改革案」(厚労省OB)となった。「厚労省の生活衛生関係の組織について、一部業務の他省庁への移管を含めた見直しを行い、医療行政への重点化をはかります」――。岸田の発表を聞いた関係部局の若手厚労官僚は飛び上がった。すぐに上司に詳細を確認すると、その後は安堵や苦笑が入り交じった微妙な雰囲気になった。「え、それだけか……」岸田は細部を説明しなかったが、いま検討されているのは医薬 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。