元首相銃撃許す  鬼塚県警本部長は「警護のプロ」

長野の候補に対する文春砲を受け奈良入りが決まったのは前日夕。突貫警備を割り引いても、同情の余地はない。

2022年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

参院選投開票2日前の7月8日に起きた安倍晋三元首相射殺事件は、政治的テロなどではなく、銃器を自作できる元海上自衛官、山上徹也容疑者の個人的な恨みによる犯行と見られている。ただそんな犯行を可能にしたのは、警察による警備の失敗に他ならず、中村格警察庁長官以下、関係者の処分、進退をどうするかが焦点となっている。

「お粗末と言うしかない」

自民党関係者によると、安倍氏は当初、8日は長野県へ松山三四六候補(落選)の応援に行く予定だった。ところが7日発売の週刊文春で松山氏の不倫・中絶問題が報じられたことから取りやめとなり、急きょ奈良市で維新の候補に追い上げられていた佐藤啓候補(当選)の応援演説をすることに。奈良行きが決まったのは7日夕方で、SNSなどで告知したという。党関係者は「松山候補のスキャンダルが出なければ、奈良へ行かなかった」と肩を落とす。奈良県警は自民党から連絡を受け、急 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。