小さなメディアの特ダネを大新聞が横取り

小さな「ジャーナリスト集団」が手掛けたスクープを、出典を示さず後追いする不見識。日本の大手メディアの衰退は止まらない。

2022年8月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

小さなネットメディアの新型コロナウイルスに関連するスクープ記事が国会質疑で取り上げられ、その模様を大手新聞やテレビが報道した際、議論のベースを提供したそのメディアのクレジット(名前)を一切入れなかったことが波紋を呼んでいる。このメディアは調査報道に特化した非営利のジャーナリズム組織「Tansa」。今年3月から「虚構の地方創生」と題したシリーズ記事を11回にわたり配信し、コロナ対策を目的とする自治体の事業を国が支援する「地方創生臨時交付金」で、無駄遣いが横行している実態を暴いた。Tansaが納税者の視点から選んだ「全国無駄遣いワースト100事業」には、山形県舟形町の「国宝『縄文の女神』の陶製レプリカ作成」や石川県能登町の「巨大イカモニュメント制作」などが含まれている。5月30日には立憲民主党の蓮舫参院議員が予算委員会で取り上げた。蓮舫氏は質問の中で「Tansaと ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。