「社外秘文書」を入手! 井上ダイキン揺るがす 「PFOA公害」

世界で全廃が進む、危険な化学物質を製造し続け、汚染の責任から逃げ回るダイキンと、何一つ報じない大手メディア。遂に敷地外排出を裏づける証拠を掴む。

2022年8月号 DEEP [動かぬ証拠]

  • はてなブックマークに追加

2022年6月30日、私が手がけるシリーズ「公害PFOA」が、「PEPジャーナリズム大賞」(一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ主宰)を受賞した。本シリーズは、空調大手「ダイキン工業」がもたらす大阪での公害問題を報じている。「インターネット空間の力強いジャーナリズム」を選考する本賞において、審査委員長の林香里氏(東京大学大学院情報学環教授)は「審査員全員が調査報道として高く評価」したと述べた。

先天性欠損症の子どもが出生

公害の原因である「PFOA(ピーフォア)」とは、有機フッ素化合物のひとつで、人工的に作られた化学物質だ。水や油をよく弾き、加工しやすい特性から、フッ素加工(デュポン社では「テフロン加工」)の「焦げ付かないフライパン」や炊飯器の内釜、防水スプレー、ハンバーガーの包み紙など、身近な生活用品に幅広く使われてきた。だが、PFOAは人体に悪影響をもたらす危険な物質 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。