もはや「部活はサービス残業」に非ず

大阪地裁の画期的判決に非を認めた吉村府知事。学校現場の膿を切り出すメスとなるか。

2022年8月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

教員の働き方改革を促す画期的な判決が6月28日、大阪地裁で出された。勤務時間外での部活指導や授業準備を「サービス残業」扱いすることは許されない――という内容だ。働いた分の賃金を支払うのは一般社会では常識だが、学校現場では法律の下で「非常識」が常態化。吉村洋文.大阪府知事も全面的に非を認め、府は控訴を見送って判決は確定した。果たして学校現場の膿を切り出すメスとなりうるか。原告は大阪府立高校教員の西本武史さん(34)。1か月100時間を超える過重な時間外労働の結果、適応障害を起こしたとして府を訴えていた。裁判長は訴えを全面的に認め、請求通り賠償金約230万円の支払いを命じた。判決によると、西本さんは大阪大学外国語学部を卒業後、電機メーカー勤務を経て2012年4月、教員に。16年に赴任した高校では、週18コマの世界史授業を持つ一方、クラス担任をし、ラグビー部顧問、卓 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。