8年ぶり表舞台「堤義明」の思惑

西武HDは青息吐息。そんなタイミングでかつての絶対君主が姿を現した。広がる憶測。

2022年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

6月9日、都内のホテルで2月1日に89歳で死去した元東京都知事、石原慎太郎のお別れの会が開かれた。岸田文雄、安倍晋三ら歴代首相や芸能界、報道関係者ら約5千人の参列者の中に一際注目を集めた人物がいた。元コクド会長の堤義明(88)である。堤は2005年3月に証券取引法違反(インサイダー取引)で東京地検特捜部に逮捕され、同10月に執行猶予付き有罪判決を受けた。西武グループ総帥の座から転落後、公の場から姿を隠して久しいが、コロナ禍による経営危機を見計らったように再登場。「先代君主」の思惑を巡りグループ内で揣摩憶測が飛び交っている。

所有施設が3分の1以下

堤がマスコミの前に現れたのは14年8月、日本オリンピック委員会(JOC)の独立25周年の会に初代委員長として招かれた時以来、約8年ぶり。当時は頬がこけ、げっそりと痩せた姿が痛々しかったが、今回マスク越しながら顔色は良く、足取りもしっかりとし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。