北尾・太田「象徴的」出資の怪

太田に惚れ込む北尾の権謀術数。SMBCグループ内にも「SBI本体への出資は暴走気味」と危ぶむ向きも。

2022年8月号 BUSINESS [さながら「暴走提携」]

  • はてなブックマークに追加

三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)とSBIホールディングスは、2022年6月23日、包括的な資本業務提携(SMBC-SBIアライアンス)を結んだと発表した。第三者割当増資でSMBCが796億円を出資し、約10%の株式を持つSBIの大株主となる。SBI証券と三井住友銀行、三井住友カードの3社の連携により、22年度中に銀行口座管理、資産運用、カード決済などをスマホアプリ上でワンストップ展開するという。今回の提携劇は、コロナショック前の19年秋、SBIの北尾吉孝社長から突然、SMFGの太田純社長に会いたいと打診があり、意気投合したのが始まりだ。20年初めには2回目の会談を持ち、そこで太田は北尾に対して「うちが一緒にやりたい事業リストです」と、いくつかの協働案を提示したことで、20年4月には両社による最初の業務提携の発表に至った。太田の即断即決力に、北尾は「こいつとは手が組める」と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。