「未曽有の通信障害」どこ吹く風の高橋KDDI社長

過去最大級の通信障害を起こしたのに「社長の高橋誠は続投する」との見立てが根強い。

2022年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

KDDIが7月2日未明に過去最大級の通信障害を起こした。携帯電話を中心に最大3915万回線に影響し、完全復旧までに約86時間もかかった。

総務省との間に軋轢

今回の重大インシデントについては二つの疑問がある。一つはこれほどの障害がなぜ起きたのかだ。同業他社はKDDIの戦略そのものに起因すると解説する。「社長の高橋誠さんはインフラとしての通信そのものよりも、通信を活用したサービスに強い興味を持っている」確かに今春から始まった3カ年の中期経営計画を見ると、通信よりも金融事業や「auでんき」に代表されるエネルギー事業に注力する方針が窺える。「社長は新規事業を手掛ける部署の人材ばかりを重宝している。通信を支える技術統括本部に所属する社員はモチベーションが上がらない」(中堅社員)という声が社内にもある。もう一つの疑問は、KDDIが利用者に通信障害を知らせたのが発生から約1時間半も経過して ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。